チェリスト/作曲家 竹花加奈子|on STAGE オンステージ|音楽演奏/イベント・コンサート/作曲・作詞/スクール・ネットワーク

竹花加奈子 チェリスト/作曲家
Kanako Takehana Cellist/Composer







CDと作品のリスト  Discography/Works

7thアルバム:「JAPONISME U」 (2015年10月一般発売 2015年08月HP先行発売)

 ⇒ご購入

竹花加奈子(チェロ・ピアノ・作曲)

チェロ・ソナタ「竹取物語」     Sonata for Cello and Paino "Princess Kaguya"
無伴奏チェロ組曲第2番       Suite for Cello Solo No.2
ピアノ・ソナタ「四季」       Sonata for Piano"The Four Seasons"
無伴奏チェロのための「一竹一竹」  "Premiere bambou une bambou" for Cello Solo
無伴奏チェロのための「草がくれ」  "Le cahe-cache dans la touffe d'herbes" for Cello Solo
2本のチェロのための「薄のかげに」 "A l'ombre des herbes des pampas" for 2 Cellos
源氏物語のためのプロローグ     Prologue for The Tale of Genji for Cello and Piano




6thアルバム:「チェロ・ピアノのためのラブソング集」 
(2014年6月発売)


 ⇒ご購入

竹花加奈子(チェロ・ピアノ・作曲)


ルージュ組曲
 rouge T ローズ・レッド
 rouge U コーラル・ピンク
 rouge V テラコッタ・オレンジ
2つのラブソング
 初恋
 ひとりの時間
3つのポエム ピアノ独奏
 雫 Dew
 時 Kronos
 昴 Pleiades
赤と黒のファンタジア
MIRAI





5thアルバム:「Memory 私の愛想曲集」 (2014年6月発売)

チェロ・ピアノ クラシック名曲集

 ⇒ご購入


竹花加奈子(チェロ・ピアノ・編曲)
中尾晴奈 (ハープ)


子守歌(ブラームス)
夢のあとに(フォーレ)
夜想曲嬰ハ短調(ショパン)ピアノ独奏
グラーヴェ(ヘンデル)
アヴェ・マリア(シューベルト)
エレジー(フォーレ)
白鳥(サン=サーンス)
樅の木(シベリウス)ピアノ独奏
鳥の歌(カタロニア民謡)
パストラーレ(バッハ)





4thアルバム:「光 La Luz」 
(2012年秋発売)

 ⇒ご購入


竹花加奈子(チェロ・ピアノ・作曲・編曲・即興)
中尾晴奈 (ハープ)


無伴奏チェロ組曲(2011)
プレリュードとインプレッショニスタ(ピアノ独奏曲)
リチェルカーレ(ピアノ独奏曲)
アヴェ・マリア
ヴォカリーズ
鳥の歌(無伴奏チェロ版)
アメイジング・グレイス(無伴奏チェロ版)
演奏会用小品集「セイシェルにて」より
白鳥(ピアノ即興版)
パストラーレ(バッハ)




3rdアルバム:「Rosado」
(2008年12月発売)

 ⇒ご購入

作曲、編曲、チェロ演奏、ピアノ・ハープ音源作成:竹花加奈子
ギター演奏:蓮見昭夫
編曲: 塚越雄一郎(「誓い」&「Rosado」), 杉本 敏(「宙へ」)
ディレクター:杉本 敏
エンジニア:杉本 敏, 田中 武
写真撮影: 佐々木敏晴



1 誓い(Oath)(4:07)

内なる思いと現実とのギャップに悩みながらも嘘偽りのない自分自身であろうとする女性をイメージしています。


2 青い夜の馬(A Horse at Blue Night)(3:50)
PLAY

童話「青い夜の馬」からの印象を曲にしたもの。少年と馬の出会いの場面の雰囲気をピアノとチェロで爽やかに表現しています。


3 光(Light)(4:27)

この曲も青い夜の馬よりイメージしており、少年が馬の背中に乗り一番会いたい人のところへ連れて行ってもらう場面をハープとチェロで奏でています。


4 宙(そら)へ(Into the Heaven)(3:47)

壮大なスケールをイメージした曲。旅立ちと、いとしいものへの愛がテーマです。


5 戻らない日々(Bygone Days)(3:17)

時は少しでも過ぎてしまうと後戻りできないもの。戻りたいわけではないけれど、幸せな思い、切ない気持ちを曲に、こめて。


6 プラザ カテドラル(Plaza Cathedral)(3:20)

カテドラルが街の中心に位置し、人々の心のよりどころになっているヨーロッパ。私の住んでいた街バルセロナにも大きなカテドラルがありました。長い歴史があり、今までも、これからも変わらぬ街が私の心に溶け込んでいます。ふとした時に出てきたメロディーに、ギターリストの蓮見さんにギターパートをアレンジしていただきました。


7 幻(まぼろし)(Phantom)(3:23)

不安な心と伝えられない想い。言葉にすることができないから、この曲は出せないラブレターのようです。


8 涙の砂時計(Hourglass of Tears)(3:53)

涙は人を癒してくれる薬。砂時計が落ちるように、何処かで誰かが涙している。ポルトガルのファドに女の涙を感じました。その悲しみや思いを表す言葉は、ポルトガル語でサウダーデ。


9 Rosado(4:02) PLAY

白と赤、混ざり合う感情がピンク色に変化するとき、生きている喜びを感じるのかもしれません。




2ndアルバム:「涼夜」(2007年6月発売)

 ⇒ご購入

作曲、編曲、チェロ演奏、ピアノ・ハープ音源作成:竹花加奈子
ギター演奏:蓮見昭夫
ハープ演奏:中尾春奈



1 幽艶 (L'elegance)(3:13)

色味を抑えた樹の幹のような着物、帯に桜が咲き誇る、何百年も生き続けるしだれ桜をイメージし、川面に桜が散るさまを表現しています。ピアノとチェロのバージョン。
 

2 海の底で(Au fond dela mer)(2:51) PLAY

夏の面影を探していると、海の中から泡がぶくぶく浮き上がり、砂浜にはいろいろな美しい貝ががありました。海の底ではハープが夢のような音楽を奏でているのかも。


3 陽射し(Les rayons du soleil)(2:32)

八ヶ岳に出かけたとき、新緑とその隙間からきらきら光る陽射しと流水をそのまま曲に。さわやかなブルーとグリーンの紅葉の刺繍帯を見て、八ヶ岳の小道を散歩したときのことを思い出しました。  

4 草がくれ(Le cahe-dache dans la touffe d'herbes)(4:15)

深いグリーンのぼかしの着物に虫たちの行列が月明かりに照らされて浮かび、ドラマのようです。帯留めにはカマキリが...。音のスケッチを即興的に、チェロ一本で奏でています。チェロの深い響きと指ではじくピッチカートが多用された曲。

 
5 水鏡(Le miroir d'eau)(3:52)

すっきりと透明感のあるその出で立ちより、水に映った草花と虹がかかっているようなイメージの曲。どこまでもどこまでも透き通ったイメージを形にして...。
 

6 涼夜(La nuit fraiche)(4:16)

萩の花が咲き乱れ、風に吹かれて夏の暑さをしばしば忘れさせてしまうような涼夜。一時だけ咲き誇り、すぐに散ってしまう...。人の心を引きつける美しい花々たち。


7 蝶の道行(La flancrie des papillons(2:36)

絵本の中から抜け出てきたような美しい着物と蝶のランデブーの帯留め。2羽の蝶を2本のチェロにおきかえて、夢の散歩をしています。途中で1羽になり、またすぐに2羽が合流して道行きを続けている様子。
 

8 薄のかげに(A l'ombre des herbes des pampas)(3:00) PLAY

不思議なゆらぎ文様の着物と薄と月の刺繍をほどこされた帯。遠くに狐の嫁入りの行列....昔むかしの語り部の話が始まるような曲。  


9 月夜の祭り(La fete au clair de lune)(3:01)

兎と月とがテーマの着物。夜の星と月がキラキラ闇を照らしているなかで、チェロが日本的なメロディを歌っています。月光る夜と幻想世界を行き来しているような曲。  


10 一竹一竹 (Premiere bambou une banbou)(3:31)

母の仕事の関係で7歳からかわいがってくださった一竹先生を偲んで作った曲。辻ケ花を復活させた染色家久保田一竹氏の訃報を聞き、急ぎ向かった駅の改札で、19:19分のデジタル時計を見て、思わず一竹一竹と驚きました。出だしの音は始まりのド、次の音がそこから数えて9番目のレを使い、一竹一竹を表現しています。  


11 幽艶(L'elegance)(2:29) ピアノソロバージョン
 



1stアルバム:「Memorial」(2006年10月発売)

 ⇒ご購入

作曲、編曲、チェロ演奏、ピアノ・ハープ音源作成:竹花加奈子


1 Memorial 1 (New Version) (4.55)

恩師井上頼豊氏に捧げた曲。オリジナルバージョンと違い軽快な4拍子に同じメロディーを奏でている。


2 月の記憶(Memory of the Moon)(3.19)

写真家 石川賢治さんの月光浴の写真展を見て感銘を受けて作曲したもの。

 
3 Respect you (3.55)

尊敬の気持ちをメロディーに乗せて、その人の後ろ姿を頼りにチェロを弾き続けたい、と願いを込めた曲。  


4 IZUMI(sping)(2.33)

鳥取の大山に本宮の泉があります。旅の途中で泉に寄り、自然の中で水を飲んだら癒されました。その印象を曲にしたもの。  

5 Fantasia(4.11)

一人チェロアンサンブルに挑戦。メロディーは届かぬ想いを奏でているが録音では苦戦した曲。
 

6 Catalonia Rhapsody (3.08)

私が住んでいたバルセロナへの想いを曲にしたもの。気持ち半ばで帰国したせいか、ラブソングよりせつない感じが出ているかもしれません。  


7 白鳥(Swan) (new version) (3.18) PLAY

サンサーンスの名曲をハープと共演しています。


8 Pray to you Prade (4.34)

カザルスが亡命していた地に私も滞在した後、作った曲。平和へのメッセージを込めています。  


9 鳥の歌(Song of the Birds)(3.45) PLAY

カタロニア民謡でパブロ カザルスにより有名になった曲をタンゴのリズムに乗せて... 雰囲気はスペインのタブラオをイメージしてアレンジしています。

10 Memorial I (Original Version) (3.35) PLAY

初めて作った曲。恩師井上先生への追悼の気持ちを表現しました。曲など作れないと思っていたのに思いがけず完成し、その後 New Version を作るきっかけになりました。

 



CD購入ご希望の方は こちらから注文して下さい。




プロフィール/メッセージ
Profile/Message



CDディスコグラフィー
Discography



公演予定
Concerts Schedule



活動記録
Past Events/Concerts



















Copyright 
(C) 2012 on STAGE co.,ltd.
All rights reserved