チェリスト/作曲家 竹花加奈子公式ウェブサイト|on STAGE オンステージ|音楽演奏/イベント・コンサート/作曲・作詞/スクール・ネットワーク




プロフィール/メッセージ
Profile/Message



CDディスコグラフィー
Discography



公演予定
Concerts Schedule



活動記録
Past Events/Concerts








【最新CD情報】

竹花加奈子
「JAPONISMEU」
7thアルバム
(2015年10月)




竹花加奈子

「Love Songs」
6thアルバム(2014年6月)


竹花加奈子
「Memory」
5thアルバム
(2014年6月



■【最新情報】

FOTOTECA

建築映像作品のピアノ演奏


にこにこ23時間テレビ

新垣隆
交響曲「HARIKOMI」
2014年7月19日(土)







Copyright 
(C) 2012 on STAGE co.,ltd.
All rights reserved





竹花加奈子
チェリスト/作曲家
Kanako Takehana Cellist/Composer

                  
■【最新コンサート情報】

【チェロアンサンブルコンサート〜8人のチェリストの饗宴vol.2】
2016年3月5日(土)19時開演
東京オペラシティリサイタルホール
林峰男・石田聖子・金子鈴太郎・河田夏実・渋谷陽子・竹花加奈子・三森未来子・宮地晴彦(チェロ)




【WAKO CLASSIC SALON〜春の夜に響く箏とチェロの音色】
2016年3月15日(火)
東京さぬき倶楽部
野口悦子(箏)竹花加奈子(チェロ)




【竹花加奈子 音の環vol.001】
2016年4月12日(火)19時開演
ルーテル市ヶ谷ホール
苅田雅治(チェロ)竹花加奈子(チェロ・ピアノ・作曲)
チケットお問合せ:東京文化会館チケットサービス tel 03-5685-0650

竹花加奈子作曲
チェロ。ソナタ「竹取物語}
無伴奏チェロ組曲第2番
ピアノ・ソナタ「四季」他







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2015年4月 Fleur de Bambou コンサート
おかげさまで多数ご来場いただき、有難うございました。





2015年3月 東北コンサート
おかげさまで多数ご来場いただき、有難うございました。
新垣隆(ピアノ)、礒絵里子(ヴァイオリン)、竹花加奈子(チェロ)






2014年11月タワーレコード渋谷店ライブは、
おかげさまで多数ご来場いただき、有難うございました。
TOWER RECORDS ⇒



竹花加奈子のウェブサイトへようこそ

Welcome to the Website of Kanako Takehana



プロフィール

5歳よりピアノを始め、10歳よりチェロを井上頼豊氏に、その後苅田雅治氏に師事。桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学入学。在学中ロームミュージックファンデーションのスカラシップを得てスイスのヒンデミット邸におけるサマーセミナーに参加。大学卒業後エスコラ ・デ ・ムジカ・デ・バルセロナに留学、ルイス・クラレット氏に師事。プラードのマスタークラスにてバーナード・グリーンハウス氏に師事。留学中フランス音楽財団のスカラシップを得てアンナー・ビルスマ氏のマスタークラスを受講。2002年大阪国際室内音楽コンクールトリオ部門にてセミファイナリストとなる。同年トリトンアーツ・ネットワークのオーディションに合格し、クリスマスコンサートに出演。
演奏活動と並行し作曲家として、風景・記憶・物語・絵本・写真・映画・着物・美術品・伝統工芸品などからインスピレーションを得たオリジナル曲を多数作曲している。2006年秋、恩師だった故井上頼豊氏に追悼と感謝の気持ちを込めた曲を作曲・演奏し、オリジナル曲を納めた1st アルバム「メモリアルI」を発表。2007年に2nd アルバム「涼夜 ジャポニズム」、2008年に3rd アルバム「Rosado」を発表。2011年には震災復興の祈りを込めて発表したオペラ歌手のアルバムに「ヴォカリーズ」「希望の翼」等の楽曲を提供している。2012年、銀座王子ホールでのソロ・リサイタルとリンクして自身の無伴奏チェロ組曲を収めた4thアルバム「La Luz〜光」を発表。2014年にはチェロ・ピアノのクラシック名曲を収めた5thアルバム「Memory 私の愛奏曲集」、オリジナル曲を収めた6thアルバム「チェロ・ピアノのためのラブソング集」を続けて発表する。


メッセージ

「夢を忘れないで」
最近ますますチェロが好きになってきました。8歳の時ポールトゥルトゥーリエの弾くフォーレの「夢の後に」に涙してから、この曲が素敵に弾けるまでチェロを練習しようと決めました。習わせてもらえるまで、2年間母にお願いしてなんとかやっとお許しが出て、井上頼豊先生のお宅に伺いました。やる気はあったのですが、全然上達しない私を気長にレッスンしてくださった井上先生。先生がいらっしゃらなかったら、私はチェロ弾きになれなかったでしょう。今でも井上先生がおっしゃった事を思い出します。10歳から22歳まで、先生の生き方をまじかに見させて頂いた事が現在の私に大きな影響を与えていると思います。もう先生は亡くなってしまわれたけれど、今でも沢山の門下生達が活躍している姿を天上からご覧になり、喜んだり、時々怒ったりなさっているかもしれません。6年程前、大好きな先生を思い出してチェロ曲を作りました。 Memorial I という追悼曲です。これからもクラシック音楽と自ら作ったオリジナル曲を弾くチェロプレイヤーとして成長していくと共に、いつかはよきチェロ指導者になれたらと夢みています。


Profile

As a Cellist:

Began to study the Cello under Yoritoyo Inoue and later Masaharu Kanda. Graduated from Toho Gakuen College of Music. Studied the cello under Lluice Claret at Escola de Musica Barcelona , Barnard Greenhouse at Plado and Anner Bylsma at his Master Class.

As a Composer:

Composed various kinds of music inspired by Landscapes, Memories, Tales, Picture books, Photographs, Films, Kimonos, Art works, Traditional crafts, etc. Has released several albums.



Kanako's Message

I still remember my childhood dream ...

I love Cello, still more these days, remembering my determination to become an elegant cellist when I happened to listen to Paule Tourie playing picturesque Faure's 'After a Dream' and was moved to tears at the age of 8 years old.
I kept on asking Mother to allow me to take cello lessons until I finaly got her permission and saw Mr. Yoritoyo Inoue two year later. Although I was studious, it took me a long time to make satisfactory progress. Without his persistent and patient guidance and teaching, I could never be a cellist. I still remembers very often many of his words.  The way Mr. Inoue lived as a cellist definitely influenced me while I took his lessons from 10 to 22 years old. Although he deceased decades ago, I feel he is watching from the Heaven many of his desciples, occasioinally laghing, smiling and getting angry a bit.  Aboout 6 year ago, I happen to compose a chello piece, 'Memorial I ', in memory of my dear teacher Mr. Inoue, while I was struggling with my ill condition in health. However, I have now recovered from the illness and enjoy playing cello again. I don't think myself a full-fledged player, but hope to grow to a mature classic musician as well as, possibly, a good cello teacher someday. I also like to continue compositon of new cello pieces.